文字サイズが選べます

トランプ現象としてのピッツバーグ事件

ピッツバーグのユダヤ教礼拝所で白人男性が銃を乱射して11人が死亡した事件について、アメリカでは、それがトランプ氏の言動に起因するものかどうかが、大きな議論になっている。トランプ氏のこれまでの過激な言動が、国民の分断や憎悪をあおったのではないかという議論だ。私もそれを懸念する。
トランプ氏は、それをメデイアのせいにし、国民の真の敵はメデイアだと言うが、それには違和感を感じる人が多いと思う。ピッツバーグ事件はメデイアや民主党によって引き起こされたのではなく、トランプ現象だと思う人の方が多いのではないか。
オバマ前大統領等の民主党関係者やメデイアに爆発物を送り付ける事件も起きている。
トランプ氏は、国民の憎しみの感情をあおることによって選挙に勝つという戦略をとっているが、それは世の中を幸せにしていない。むしろ不幸を造り出している。リーダーは希望や夢を語りその実現に向かって努力することにより、社会に幸せをもたらすべきだ。

すべての ブログ 一覧はこちら