文字サイズが選べます

たつの市で第2回「新産業創出セミナー」


??

8月9日午後2時から龍野経済交流センターにて、第二回「新産業創出セミナー」を開催しました。

大阪大学の近藤教授を再びお招きし、教授が関わられた事例をいくつか挙げながら、イノベーション、起業等々について、具体的にお話頂きました。

案件を発掘し、その芽を育て、ものにするために、資金の話、他の企業や大学等との連携の話等々についても、かなり突っ込んで話して頂きました。

私からは、今日の世界経済の停滞の根本原因は実はイノベーションの衰退であること、そして、日本の経済衰退、財政危機、社会保障システム崩壊の危機の真の原因もイノベーションの衰退にあること、イノベーションにより新しい産業を興し、新しい職場をつくり、国民の所得を増大させれば、商品も売れ、価格も上がり、デフレを止められるとともに、国民の所得格差も克服できる。人口減少も緩和できること、更に、日本流のイノベーションとして、中小企業の蓄積してきた膨大な生産技術、ノウハウを活用することが重要であり、それらをデータベース化し、どこに何が有るかを共有することを通じて、組み合わせ(コラボ)によるイノベーションが可能であること、たつの、太子をはじめ西播磨においてもそれはもちろん可能であること、そして、「イノベーション」の訳 としては、「技術革新」が一般的であるが、イノベーションは技術のみではなく、「これまでとは違ったやり方でものごとを行うこと」であり、日本の「ウオークマン」「ウオッシュレット」「ニンテンドー」等立派なイノベーションであるとともに、システムとしての「国民皆保険」も壮大なイノベーションであり、イノベーションの訳としては「技術革新」ではなく、「新化」のほうが近いと思うので、私のポスターにもそれを使っていること等々について話をさせて頂きました。

千里の道も一歩から。必ず具体的案件を発掘、芽を育て、実を結ぶまで、持っていきます。

8日には、議員連盟も実質的に立ち上げ、高知の福井照さんに会長になってもらい、私が幹事長、顧問に林幹雄さんになってもらいました。西播磨と日本全体と同時に進め、日本の国力を蓄え、皆に幸せになってもらうとともに、世界の平和と繁栄つくりに大いに役割を果たせるよう、持っていきます。

すべての ブログ 一覧はこちら