最新情報

米中双方の自制を求む

アメリカ🇺🇸と中国🇨🇳が、関税を実際に発動し貿易戦争に至っていることを心底憂慮する。

第二次大戦の一つの主要原因が、保護貿易であったとの認識から、戦後はアメリカご中心となって、自由貿易体制の構築に努めてきたはずだ。

WTOが全会一致制で、なかなか決められないことから、では気の合うもの同士でやろうかということで、TPPあるいは多数の二国間FTAが結ばれている。いわばセカンド・ベストの策だ。そのTPPからもアメリカが抜けたことは、オバマ憎しからの偏った見方と見える。

のみならず、関税の報復合戦となっている様相に、大きな危機感を感じる。

歴史を繰り返してはならない。

  • パキスタンのイムラン・カーン新首相

    もう三十年近くも前に、パキスタンの日本大使館に勤務していた頃、クリケットの名選手として活躍していたイムラン・カーンが、パキスタンで首相に選ばれた。 当時ナワズ・シャリフとかペナジー

    ...続きを読む
  • 敵味方識別不能?

    トランプ大統領には敵味方識別をしっかりやってもらいたい。 EU🇪🇺諸国を敵と呼び、ロシアのプーチン大統領に擦り寄るような言動には、強い違和感を感じる

    ...続きを読む
  • 外務省は潮目の変化に気づくべし

    7日の安倍-トランプの日米首脳会談は、「潮目」の変化をはっきり示した。 対決から対話にベクトルの方向は変わった。日本の外務省は潮目の変化に気づくべし。圧力から対話に重点を移すべし。

    ...続きを読む

Japan will play a greater role in the Coming World

(*The conversation was held at Dr. Yamaguchi’s office at the Japanese House of Representat

...
...Read more