最新情報

駐米イギリス大使の辞任は極めて遺憾

ワシントン駐在のイギリスのダロック大使が辞任するとのニュースは極めて遺憾だ。

ダロック大使が本国への電報で、トランプ政権が混乱している云々等報告したことが、その電報が外部に漏らされたことにより明らかになり、トランプ大統領の怒りを買い、イギリス本国のメイ首相、ハント外相らのサポートにもかかわらず、辞任に至った。

任国の情勢について本国にはっきりと報告することは外交官の大事な任務だ。時に赤裸々な描写、分析もする故、そういう電報は極秘電として、機密度の高い暗号をかけて送られる。それがリークされたというのは、いかにも不自然だ。

現実にトランプ政権は特にはじめの2年間、国務長官が交替、首席補佐官が交替、国防長官も交替等々有ったのは事実であり、ダロック大使の分析は無茶ではない。

トランプ大統領が怒り、ダロック大使が辞任といのは、ワシントン駐在の外交官たちに極めて悪い影響があるだろう。外交は情報が命だ。歪んだ情報は不健全な外交につながる。ダロック大使には何としても踏ん張ってほしかった。

  • アメリカには手堅さを求めたい

    米朝首脳会談が板門店で行われ、北朝鮮の非核化に向けての実務者会合が開催されることになった由。 それ自体はもちろん喜ばしいことだが、トランプ大統領のパフォーマンス的な動きが気になる。

    ...続きを読む
  • 活動報告(6/14)

    今回は大阪で開催された「北東アジア経済フォーラム」でスピーチしました。 このフォーラムは、同志のJBIC前田総裁がハワイ大学教授だったリー・ジェイ・チヨウさんとともに20年以上続け

    ...続きを読む
  • 活動報告(5/29)

    本日、交通安全対策特別委員会を開催しました。先日総理に提出した緊急提言も充分に踏まえて作成された「未就学児及び高齢運転者の交通安全緊急対策の概要」(昨日緊急閣僚会議で認められた)に

    ...続きを読む

Japan will play a greater role in the Coming World

(*The conversation was held at Dr. Yamaguchi’s office at the Japanese House of Representat

...
...Read more