最新情報

北との「意思疎通」はOKだと思う

今日の読売は、アメリカが、北との意思疎通は前向きの旨報道している。ペンス副大統領が「対話」は「交渉」とは違う云々と言い、国務省の報道官も、「予備的な協議」について含みを持たせている由。

日本がアメリカと戦争になってしまった最大の原因は、「コミュニケーション・ギャップ」があったこととの見方が有る。その観点からすれば、北との「意思疎通」はむしろOKだと思う。

  • お知らせ

    1/16(火)、午後10時からのBS日本テレビ「深層ニュース」に北朝鮮とトランプ大統領の話題について出演させて頂きます。

    ...続きを読む
  • 米朝対話の兆し

    昨日トランプ大統領と韓国の文大統領が電話会談し、トランプ大統領から米朝対話に前向きな旨述べられたという。 良い兆しだと思う。 対話なくして解決はない。対話に意味をもたせるのが外交官

    ...続きを読む
  • 12月14日

    いつもお世話になりありがとうございます。 相生事務所の三木祥平です。 14日精神福祉家族会の方と精神薄弱者のバス割引について神姫バスの長尾社長の所にご相談にお訪ねしました。 長尾社

    ...続きを読む
  • トランプ外交の危うさを危惧

    アメリカのトランプ大統領がイスラエルのエルサレムを首都と認め、アメリカ大使館も今のテルアビブからエルサレムに移転すると言う。 しかし、その決定にヨーロッパ諸国を含む多くの国から批判

    ...続きを読む

Japan will play a greater role in the Coming World

(*The conversation was held at Dr. Yamaguchi’s office at the Japanese House of Representat

...
...Read more