パリ協定離脱は失策

トランプ大統領が温暖化防止のパリ協定離脱を発表したが、これはアメリカの世界の指導国としての地位を大きく損なうものであり、大きな失策。この点ではシリア、ニカラグアと同列になってしまうことの象徴的意味合いは余りに大きい。

選挙中の石炭業界への約束があるということなら、例えば炭鉱で働く人々へのサポートを全く別の形でやるということを考えればいいのにと思ってしまう。アメリカ全体にとってはマイナスだからだ。

戦後世界の秩序を形成してきたリーダーとしてのアメリカの威信が確実に損なわれつつあるように感じられ、残念で仕方がない。アメリカには世界の指導国であって欲しい。

  • トランプさん大丈夫?やっぱり心配

    FBI長官のコミーさん突然解任したことが契機となり、特別検察官が任命され弾劾の可能性が出てきた。 何か変だと感じている人が多いと思う。 トランプさんが大統領になった要因は、格差を中

    ...続きを読む
  • FBIコミー長官解任の不可解?

    昨年のアメリカ大統領選挙の最終盤において、ロシアがインターネットを活用した選挙介入を行ったことについてアメリカ政府の報告書も出されており、FBIがトランプ氏の側近とロシア政府が連携

    ...続きを読む
  • ビジネスも「お互い様」のはず

    ドイツで開かれたG20会合の共同声明で「あらゆる形態の保護主義に対抗する」としてきた従来の文言を盛り込むことについて米国が強く反対したため、見送られたとの報道がある。中国がこれに強

    ...続きを読む
  • 孫子曰く、「城を攻めるは下策」

      アメリカのトランプ大統領が、軍事費を6兆円増やして力による平和を目指すと言うが、それで平和になるとの発想に違和感がある。  今のアメリカの苦境は、2001年の9.11事件を受け

    ...続きを読む

Japan will play a greater role in the Coming World

(*The conversation was held at Dr. Yamaguchi’s office at the Japanese House of Representat

...
...Read more