部落差別解消の推進に関する法律案について答弁

5月25日、衆議院法務委員会において、法律案についての質疑。

衆議院で可決して、参議院で時間切れになると、法律案は廃案になりますが、衆議院で審議が継続しているという形で会期末を迎えると、次期国会において「継続審議」になりますので、今回は廃案のリスクを取るより、継続審議の方がいいとの判断で、苦渋の決断となりました。

次期国会において確実に成立するよう、頑張ります。

法律案は以下のとおり。 (動画は、http://www.mission21.gr.jp/?p=8020)

2016年05月13日16時53分20秒0001 2016年05月13日16時53分20秒0002 2016年05月13日16時53分20秒0003


IMG_2045

Japan will play a greater role in the Coming World

(*The conversation was held at Dr. Yamaguchi’s office at the Japanese House of Representat

...
...Read more